変わりゆくラブホテル | 多様化する最新式のラブホテルをあなたはどう感じるでしょうか?
menu

変わりゆくラブホテル

青いベッドのある部屋

ラブホテルは昔はただ単に男女がセックスする場所でした。
そのイメージは今でも強いですし、実際にそのような使い方をされることが一般的です。
しかし、昔のようなギラギラした内装のラブホテルというのは少なくなってきているのです。
最近は一人暮らしの部屋をイメージした内装や、まるでシティホテルのスイートルームのような内装が増えてきています。
そういった部屋を利用することで非日常的な雰囲気の中で情事を楽しむことができるのでは無いでしょうか。

またセックスが終わって、チルタイムという時にマッサージチェアなどで疲れを癒すことができます。
ただマッサージチェアは誰がどんな格好で利用しているかわかりませんので、バスタオルを一枚ひいて利用したほうが精神衛生的にもいいのではないでしょうか?

ホテルによってはプールが付いているところもあります。
本当にシティホテルのようですね。
私はホテルのプールというと海外の映画をイメージしがちです。
少し年配の人がプールサイドで寝転がり、容姿端麗な男性(もしくは女性)がプールから上がってきたところと主人公が鉢合わせて恋に落ちるというのは中々にベタな展開でしょうか。
がっつり泳ぐとまではいかなくても、水の中でプカプカ浮いているだけで充分なリラックス効果があります。
体をほぐして2回戦3回戦と楽しむのも良いかもしれません。

またジャグジーバスが付いているようなところもあります。
そういったところを利用するのも良いのではないでしょうか?
自分の中の楽しさ、欲動をより確実な形で表現できるのがラブホテルという異空間です。
非日常的な空間なのですから、自分の好きなように好きなだけ楽しみましょうよ。
開放感のある時間を楽しむこともたまには必要かもしれませんよ。